Chinese artist Jiang Changzhong Chinese ink panda paintings: A mainstream painter in China Nice morning of Jianluo series (Books of Japan China Art World) (Japanese Edition) Los mejores libros gratis

Por Lu Jianluo

Chinese artist Jiang Changzhong Chinese ink panda paintings: A mainstream painter in China Nice morning of Jianluo series (Books of Japan China Art World) (Japanese Edition)


様々なパンダの表情をお楽しみ下さい。この本は、現代中国の芸術作品を広く世界の人々に知ってもらうことを目的に、日中藝苑と交流があり、かつその作品を日中藝苑が所蔵する作家について、作家自身の希望に基づき、代表作の一部を紹介するものです。目次■ 建洛の楽しい朝■ 作品■ プロフィール■ 建洛の楽しい朝蒋昌忠さんは、湖南省に生まれ、幼いころから絵を描くことが好きでした。大学卒業後、湖北省鐘祥県の磷肥料工場に勤務し、1980年代に改革開放政策が実施された後、工場の幹部や県長、随州市市長及び共産党委員会書記等を歴任し、その後さらに湖北省文化庁庁長に就任しました。私が蒋さんと交流を始めたのは、蒋さんが随州市市長をしていた当時のことで、湖北省に随州という市があり、そこには市長でもある画家がいるということが印象に残り、日中藝苑で特集を組んで紹介したこともありました。湖北省美術家協会副主席、湖北書画院名誉院長蒋さんは、竹を描くのが好きで、中国画壇で竹を題材として三十数年、竹の品格と特徴をたゆまず研究し、水墨を用いて竹の風骨と形態を表現し、多くの重要な作品を創作してきました。蒋さんは、1999年に中国美術館で竹をテーマに個展を開き、その後もアメリカを初め30数か国・地域で展覧会に出展、何回か個展も開催し、その竹の作品は広く国内外において好評を博しました。蒋さんの作品は、北京人民大会堂、アメリカのスミソニアン博物館、アジア美術館等に収蔵され、また何度か、中国の要人が外国の元首や政治家へ贈る記念品として採用されたこともあります。現在彼は、、中国文化省中国画学会理事等を務めています。蒋さんの作品は、近年質的にも変化し、竹だけを題材としたものから、国宝のパンダを竹に組み合わせた新しい姿へと変貌を遂げ、新たに多くの作品が生まれました。今日は、蒋さんが日中藝苑のために創作してくれた、朱竹とパンダの絵『竹林論道』を初めとして、その他の新作も一緒にご紹介しましょう。蒋さんのパンダ特集が、世界最大の電子書籍プラットフォームを通じて、多くの人々から愛されることを願っています。2020年3月                            陸建洛.

Información

ISBN de

Cubiertas

Autor

Lu Jianluo de

Papel de

Editor Chinese artist Jiang Changzhong Chinese ink panda paintings: A mainstream painter in China Nice morning of Jianluo series (Books of Japan China Art World) (Japanese Edition)

Publishing department of Japan China Art World

Fecha de publicación

20 de marzo de 2020

Dimensiones

25

Idioma

Chinese artist Jiang Changzhong Chinese ink panda paintings: A mainstream painter in China Nice morning of Jianluo series (Books of Japan China Art World) (Japanese Edition)

Cubrir

Versión Kindle

Serie

Siglos

Grado

Peso de

2229 KB